沖縄旅行中に台風が来てしまった時の注意点

もしも沖縄旅行中に台風が直撃してしまったら?どんな対処をすればよいのでしょうか? - 沖縄旅行中に台風が来てしまった時の注意点

沖縄旅行中に台風が来てしまった時の注意点

沖縄で観光を楽しみたいと言う人も覆いでしょう。沖縄の観光客も年間700万人を越しており、国内のみならず海外からの観光客もその数を順調に伸ばしています。中国人の観光客も多いのも沖縄観光の特徴です。

沖縄に来るのは、いつがいいのか

やっぱり、沖縄に来るのであれば、7〜9月頃が一番ではないでしょうか。夏のイメージも強く、また海で遊ぶのにも最適です。リゾートホテルのビーチで泳ぐのもいいのですが、恩納村の青の洞窟なとのダイビングスポットへ行くのにも最適の季節でしょう。
そんな季節ですが、沖縄ならではの気象があります。それは台風です。

台風が真っ先に来る沖縄

日本ならどこでも台風にあたってはいますが、真っ先に当たるのは沖縄です。沖縄がまずは当たってから、カーブしていき、本土をは縦断すると言うのがよくあるケースです。
台風は、早ければ5月からやって来ます。5月中旬から約1ヶ月ほどが沖縄では梅雨に入ります。その頃に台風が来ると、雨の被害も増大するのです。
また近年の傾向としては、沖縄の離島である、宮古島、石垣島に進路を変えて進んでいくことが増えています。宮古島、石垣島は何回も直撃しているのに、実は沖縄本島は1度も直撃していない年もあるのです。
ですので、宮古島、石垣島へ旅行したり、レンタカーを借りて遊ぼうと計画をしている人は台風の進路に注意しましょう。大体、台風が発生するとテレビの気象情報でニュースになりますが、約1週間前後で沖縄付近に近づきます。72時間前予報が出る頃はだいたい進路も当たっています。それまでは変化する確率も高いです。
台風が発生して、2、3日くらいは少しは日にずれるとみておき、72時間予報で沖縄にかかるようになると、ほぼ予報どおりとなるでしょう。台風の進路についても、よく確認しておきましょう。

台風が来たときのレンタカーの対応は

yjtjdt
レンタカー会社や営業所によって、対応がかわってきたりします。まだ沖縄についていないときで、台風で飛行機が飛ばないとなれば、そのときにはキャンセルをしても無料でしょう。しかし、飛行機が飛ぶにもかかわらず、危なさそうだからとキャンセルをした場合には、キャンセル料が発生することもあります。借りる日に近づくほど、キャンセル料が高くなっていきます。20%から数十%を越えますかあみもら、けっこうキャンセル料の負担も大きいです。
もしも、沖縄についてからの台風直撃になってしまったときには、次の対応をしましょう。
まずはレンタカー会社や営業所の営業時間の確認です。返すのが夕方や夜であれば台風通過後、営業が始まることもあります。沖縄では台風でバスとモノレールがとまると、各会社は休みになります。しかし、台風通過後にバスとモノレールが運行を再開すると、各会社も仕事始まりとなります。台風直撃中はレンタカー会社も休みになっていることが多いので、それから再開するのかネットなどで確認しておきましょう。
なお、台風が来る前でもレンタカーは借りていた方がいいでしょう。ホテルまでの移動や台風後に街に繰り出すなどしますから、まずは借りておきましょう。ただし、台風により傷がついたときには、お客さんの負担になったりもします。あらかじめ、台風時の傷についても確認しておきましょう。
また、事前に台風のためと、営業が早く終わるなどもあれば、キャンセルを受け付けてくれるなど、対応が会社でかりますので、台風が近づいているときには、こまめにサイトを確認しておきましょう。

最後に

台風は沖縄につきものです。また宮古島、石垣島はほぼ毎年当たるので離島へ行くときにも注意しておきましょう。台風情報を注意しながら、レンタカーを借りて沖縄観光をしてみてください。
沖縄旅行はレンタカーを借りよう!